ダニ対策の知識

ベッド(マットレス)のダニ対策を4つご紹介!

更新日:

布団よりはダニが少ないですが、ベットのマットレスにもダニは潜んでいます。

マットレスは大きく、重いものもあります。動かすにしても、とても面倒臭く疲れる作業に、やる気が萎んでしまいます。

どうやって、マットレスを洗えばいいのだろう? と疑問に思う人もいるのではないのでしょうか? 

そんなどうにかして、ベットのマットレスのダニの駆除をしたい方へ、どうか記事を参考にしてください。

 

マットレスとダニ

 

マットレスが布団よりダニが少ないのは、その構造にあります。マットレスは中は空洞でバネが入っているので、通気性がいいのです。なので、ダニは奥まで入り込んで大繁殖するといったことがありません。

 

 

ダニ対策① 掛け布団外して、風にあてる

 

晴れた日に窓を開けて、乾いた空気を取り込みましょう。ダニは「乾燥」に弱いので、乾いた空気でダニを死滅させます。一時間ほど、乾いた風にマットレスを晒しておくと、表面がサラッとするので、掃除機をかけて駆除します。

 

 

ダニ対策② マットレスを立てかけて干す

 

マットレスを壁などに立てかけることで、天日干しするという方法です。また、立てかけることで、底面に溜まった湿気を飛ばせます。シーツ交換をするついでに、マットレスを立てかけたりすると一石二鳥です。

 

 

ダニ対策③ 布団乾燥機を使う

 

布団乾燥機は家電量販店で売っています。ドライヤーのような、暖かい風を布団に送って使うという家電です。ダニは「熱」と、前述のとおり「乾燥」に弱いので、死滅させることができます。また、布団乾燥機には「ダニモード」といった機能がついているものもあります。

 

 

ダニ対策④ 乾燥させた後は、掃除機で吸おう!

 

「乾燥」と「熱」でダニは死滅しますが、死骸とフンは残ります。しかし、その死骸とフンが、ダニアレルギーの原因になる可能性があります

 

マットレスを干したり、布団乾燥機を使った後、必ず掃除機を使いましょう。また、ダニのエサである髪の毛やフケ、アカ、食べかすも一緒に吸い込むことで、ダニ予防にもなります。

 

 

まとめ

 

マットレスは動かすことがとても大変です。ダニ対策には、掛け布団を外して、乾いた風にあてる。といった比較的簡単なものもあります。日頃から、清潔に保つことが一番のダニ対策になります。

まずは、簡単なところから、ダニ対策をはじめましょう。

 

-ダニ対策の知識

Copyright© ダニ対策の専門サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.